AI KOKO GALLERY BLOG

両国/森下の現代美術ギャラリーの中の人です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012

ブログの更新、すっかり怠っておりました。すみません。

ごくわずかだと思いますが、たまに読んでくださっている方だっているのですよね・・・。

アイココのHPご覧いただくと分かるとおり、アイコは年末年始は家族と島で過ごしてました。

否、Twitterご覧いただくと分かるとおり、ふつうに下町におりましたし初詣も済ませました。

はい。

また私の好きなようなデザインを押し通しました。

誰かに怒られたらすぐ取り下げます。

あと展覧会過去歴ページもとり急ぎ制作中です。



そう、お蔭様を持ちまして、年末ギリギリの12月30日に作品搬出しまして

やっと太田祐司「ジャクソン・ポロック新作展」が終了しました。

ご来廊ご支援ご協力ご声援いただきました皆々様、ほんとうに有難うございました。

昨年は今まで生きてきた中でもっとも出逢いに感謝した一年でありました。

日ごろお世話になっている同業者の方々にさえ秘密裏に(ほんとすみません・・・)、

ごくごく一部にしか公表していないギャラリーにも関わらず

いや、だからこそ、ちゃんと意思と情熱を持ってご来廊いただけたお客人に

とてもとても励まされました。

例が悪いですが、今までガッカリには底がないと思ってましたが、感謝にも天上ってないのですね

言葉では言い表せないので、2012年も行動でお返しいたします。



その2012年ですが・・・

どうしようかな、どうしたもんかな、というのが

やっと冷静に考えられる精神状態になりつつある昨日今日明日な感じです。

この4ヶ月、映画もテレビも本もスポーツも、脳を使う娯楽が全く頭に入ってこなかった位だしねぇ。

変な耐力はつきましたが。

そのうち素敵なお知らせができるよう、邁進いたしますので、何卒気長にお待ちくださいませ。



さて、ブログだから、今日はお出かけしたので、あったことでも書こうかな・・・

えーと、まずは今日一緒に居た方のことを。その出会いを。

そもそもは・・・

私がギャラリーのFBを始めて、ひょんなことからD & DEPARTMENT PROJECTとつながりが出来まして

さらにd&d東京会の方がお客人としてアイココにも来て下さったりというご縁ができました。

東京でデザインやものづくりをしている方のご意見を拝聴できるのは楽しみだったりしますし

(私からはあまり有益な情報をお返し出来ないのが心苦しいですが)

それにdの交流は全国に及ぶ!

ダイアログ・イン・ザ・ダークに感銘うけました!と言っていたら、その代表の方とも繋がれた(笑)すごい(笑)

↑あ、クラヤミ食堂とは違いますよ。これはこれでエンターテイメントとして楽しいけれどね。

そんなわけで、異業種・異分野の方と出会えて、

そしてそのご意見はほんとに貴重で大事だなと思っています。

一つの分野で出来ることは限られている。特にアートは狭い。私のキャパも狭い。

みんな東京という都市、住んでる街、家族、大事な人たちに向けて

より良い環境を作り出したい思いはあるけど、一つのことに長けていても周りを見回すことをしないと

独りよがりになっちゃう。

私もこれまでは、世界のマーケットを標準に意識してきたつもりでした。

でもこうやって自らの拠点をかまえてみて、改めて地域性や都市についてすごく考える。

世界に出たって、「日本」とひとくくりには出来ない強固なものがあるのであります。

だから、これからは今まで以上にそとに向けて発信、そして地盤を強固にする!


と、脱線しました。

dでのつながりが広がりまして~、

今日はアイココにもお越しいただきました方と連れだって、

クラシックを聞きにお出かけしてきました。


会場は、根津美術館の裏手にひっそり佇んでいる一軒家、カニングハム・メモリアル・ハウスです。

クラシック音楽を通じて、日本の子どもたちの情操を育てることに一生を捧げたカニングハムが

他界するまで暮らしていた住宅で、現在は社団法人青少年音楽協会の事務所として使用されています。

01

04

02

(※伊藤さんのお写真を勝手に拝借失礼いたします!)

独特の吹き抜けの設計は、音の響きや音楽鑑賞を配慮してほしいというカニングハムの希望だそうで

イタリア大使館別荘記念公園も手がけた、アントニン・レーモンドによる設計。

今年はドビュッシー生誕150年にちなみ、一年かけて彼の独奏曲の全曲を紐解いてゆきます。

はっきり言ってクラシックにはうとい私ですが、

初心者にも分かりやすく時代背景や曲の解釈を噛み砕いて教えてくれるし、

お茶を飲みながら美しい演奏をゆうるり楽しめました。

サロンサロ~ン♪
こんな場所があったんですね。知って得した気分です。

クラシック音楽道場、オススメです。


それにしても、リアルに繋がるSNSって不思議ですね素敵ですね。

「ジャクソン・ポロック新作展」の宣伝は、ほぼSNSだけです。

まだリアルには繋がっていないけれど、

どこかで気にかけてくださっている方もいるのかな。そうだと嬉しいな。


それではまだ見ぬ皆さまも、いつもお会いしている皆さまも、どちらさまもご機嫌麗しゅう。


本日はこのへんで。


チャオ!
スポンサーサイト
  1. 2012/01/11(水) 21:39:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。