AI KOKO GALLERY BLOG

両国/森下の現代美術ギャラリーの中の人です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DJまほうつかいとさやわかさん

すべちょ展、終わったよー!

延長する延長すると言ってたのに、やっぱり終わったー!!

・・・これまで、終了した1週間後にはやっぱり延長戦やり始めていたAI KOKOですが。
ポロック新作展は3回目の延長の時が一番来客が多かったもんな~・・。

いやいや、すべちょ展は延長はしません!
でもすべちょの世界は続きます!
西島さんが、形をかえてもずっと描き続けたいと願うなら。続いていくのがすべちょです。


さてさて、最後となりましたDJまほうつかいと誰かさんは、さやわかさんです。

と、その前に。
なんだかおかしなことに、6日(木)から、私たちはまほうつかいが見えるのに、彼にはこちらの姿が見えないという事態に。あれえー?
まあこの2か月、ぶっちゃけたまにそういう日もあったので(笑)、あまり気にしてなかったのですが
なんか今日は違う!
最終日の駆け込みで人が多すぎるせいでしょうか??

15時からたまたますべちょ展の取材が来ていたのですが、みなさんその応答を真剣に「聞く」モードに。
さ、参加していいんですよ・・・?取材よりも、むしろ積極的に・・・。

みんなシーンと・・(いるよ)・・・話しかけない・・(でもいるよ)(いっぱい)

「わたしも質問したかったな」と去り際、もじもじ遠慮がちにお帰りになる方多し。
えええ!では話しかけましょうよ!西島さん!・・・ん、聞こえてない?
あ、あれえー?!
な感じでした。まほうのちから弱ってる・・・・。いやAI KOKOのでんぱ状況が悪いのかな・・・・。

そしてさやわかさんご登場の時には・・・こちらからも、み、見えない!2人にも見えてない!
なんでなんでなんで。あれえー・・・。
いろいろ試みましたが、やっぱりダメみたい・・・
まほうつかいとさやわかさん2人は見え合ってるみたいで楽しくお話しできそうだし
このまま拝聴いたしましょう。もうどんどん会話も進行してるしね!
くしくもAKB総選挙の裏イベントです「誰かさん」!
新刊の「AKB商法とは何だったのか」のお話しから聞いていきましょう。
あとこの展覧会、見えてないけど、どう思いますか?という問いを~。

・・・で。。
イベントからご参加された方、展示見てないし(人多すぎてもう近づけない)
理解が追いつかないのか(そりゃそうだ)
いきなりのトーク展開というかこのシュールな光景に凍っております。
えーっそこ違うよ!とか突っ込みを入れても届いていないので、シーンとせざるを得ないですね。

さやわかさん
みんなシーンと・・(いるよ)・・・話しかけない・・(でもいるよ)(いっぱい)
トークショウというよりラジオを真剣に聞く集会のような!

ちょいちょい途切れながら、届かないながらも、
途中から質問コーナーができました。
私にも何度か話題振られましたが、「え?いま?あたしに?!!」と現場の空気がより張りつめたような。。そ、そうでもない??
一番空気に飲まれてたのが私ですねー、すみません。。

確か・・えと・・質問・・こんな感じ・・。
Q. 生原稿に価値が無いと言うなら、散らしてある原稿を持って帰るのはダメなのですか。
A. ダメです。インスタレーションの一部です。販売してませんが展示の一部です。備品も勝手に持ち帰ってはいけません。犯罪だよ。

散らしてある原稿も、壁にかかってる絵も、価値は一緒だろうってさやわかさんのご意見とか、ふむふむと拝聴。
拝聴・・しつつも・・ばたばた他の事を。(ラジオ扱いですみませんー)
このスペースは閉じているのかオープンなのか、とか大事な話しもしている・・・
あっ、さやわかさん批評してくれてる!褒めてくれてるみたい!としつつも
・・他の事を。(ラジオ・・・)
もう誰か、代わりにレポートまとめてください(涙)

正規のイベントタイム終了してからやっと息継ぎできたかんじでした。
いつもほのぼのしていたすべちょ展が、凍りついてて怖かったよ~~~~!
しかも私、ちゃんと批評のお話聞いてなくって。もやもやもや~~~!

あ、見ないで批評といえば。
去年美術手帖さんから太田祐司氏に「ジャクソン・ポロック展」のレビュー執筆のご依頼が来たとき、
えええっ展覧会見てもいないのにレビューを?!!なんて斬新なオファー!!
ムチャだろー!しかし出来るかも?それが狙いか?と思いこんで、実際氏に執筆させようとしてました私。
いや当然見てるだろうと思って依頼されていたことが後に発覚しましたが。(そら当然だ・・・)

と、話題それました。

すべちょ展のラスト、見えないものを見る、想像する、耳を澄ませる、「誰か」に会いにあつまる、大事なものは何かと問う、
これもなんだかアツイ展開なのかもしれないと思いつつも
いやこれでいいのか?!と思いつつ。
もやもやもやのシメでした。

しかし、最後は本当に輪になって座ってたよね。

みんなで、労い合いながら解散したよね。

なんともいえない空間にぶちこまれた連帯感、あったよね。

私常に展覧会との距離が近すぎる生活をしているので、客観的に見れないのですが。
ものすごいハードコアな展示だったというのがラストにしてビシバシ感じられたし。
かつ、何回ものリピーターの方に見守られるという優しさ満載。

DJまほうつかいとさやわかさんをエア・ギャラリーにぶちこんでしまい
すみません、でも貴重な回をありがとうございました。
いや・・本っっ当ーに・・・さやわかさん、ありがとうございました!!!(2回言ったった)

私からは、こんな感じでした。
みなさまどんな気持ちを持ち帰られたのかな?
みんないなくなって、ギャラリーには、何が残ったのかな・・・。
西島さんは、次にどんなステップを踏むのかな・・・。
終わってからも考えさせられる・・・。
まだ考えまとまらないですね。
まとめはまた改めて。

これにてすべちょ展はおしまいです。
やりきった。
2か月にわたる「誰かさん」のみなさま、ありがとうございました。
関わってくれたすべてのみなさまへ、感謝と愛を叫びたいです。

私にとっての誰かさんは、間違いなく西島さんでした。
毎週見知らぬ「誰かさん」をお招きすることより、西島さんが毎回いることのプレッシャーは大きかったです。
普段「作品」と「お客様」をつなぐことはあっても、
「作家」と「お客様」をつなぐには、どうするのが良かったのか、これで良かったのか・・
やっぱり喋りすぎたかなあ、とか。どこまでも手探りでした。
うん、作品できるまでも手探りで必死でしたが、本番始まってからも。

DJまほうつかいがまほうのちからで常駐する
週がわりのゲストを呼んでイベントをする
入場料を取って優しいおみやげをつける

作品よりも先に、それだけが決まっていた展覧会。
うちは貸画廊ではないけれど、この「場」をつかって作家メインでディレクションをする。
私には知識も権力もコネもないけど、ささやかに培ってきた経験を注ぎこんでサポートする。
西島さんがいつか、10年後にでも気づいてくれたら良いや、という小さな・見えないところを大切にしました。いや気づかなくっても全然良いんですが・・。これがAI KOKOの方針なんで。
プライマリー・ギャラリーほどの力は無いけど、せめてもの何かを経験して欲しいし返したい。
がしかし、返せるかどうかは分からないなあーー、西島さんにはあまりにも多くのものを頂いてしまいました。

んー、なんか子育てしているみたいですね。(自分、前職が子育て支援なもので・・)
人生について、生き方について考える展覧会になった。

こんなギャラリーをやっておいて
自分で意識してなかったけど、やっぱり私の人生に、アートが必要みたいです。

きっとあなたにも。

ああ~、楽しかった!!!!

まとめのまとめはーーーー
近日、西島さんとリアルにしたいですね!

本当にありがとうありがとう、
detune.さん
蓮沼執太さん
suzukiiiiiiiiii x youpy さん
植本一子さん
タカノ綾さん
土屋亮一さん
龍宮さかな&白水桜太郎 さん
東市篤憲さん
水野祐さん
大谷能生さん
さやわかさん

すべちょ展がどれだけ特別で大切でまほうに溢れていて
かつ広く多くの人に伝わっていない展覧会で
でも、それがイイ!!と思っていることか。

関わってくださった、みなさま全員のおかげです。

話し尽きないね!
今夜はもう寝る!

あ、最後におにいさま!blacksheep吉田隆一さんのお写真を。

隆一さん
らぶ!

グナイ~~~
チャオ~~~~~


スポンサーサイト
  1. 2013/06/11(火) 02:03:59|
  2. 誰かさん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。