AI KOKO GALLERY BLOG

両国/森下の現代美術ギャラリーの中の人です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近考えてるあれこれについて。

雨降って涼しい夜ですね。
ブログでも書きます。

最近も大忙しの西島さん、すべちょ展2についてはちょっと小休止・・・そろそろ動き出しますかねっ?

さて~。
そのすきに私はちょっとのんびりさせてもらっているところですが
いろいろとリリースが解禁になってることもあり
西島さんのデザインのお仕事を見るにつけて・・・、
改めて、キャラクターって何なんだろう??と考えることが多い今日このごろです。

タワーレコード広島のポスター、の時はあまり深く思わなかったのですが
プロジェクトFUKUSHIMA!のデザインを見ていたら、ちょっとこれは不思議な感覚だ・・と思わざるを得なかったですね。
デザインがどう、とかそういう事ではありません。(そこはステキです。)
「すべちょ」の原作を読んで知ってるし、その先の絵画も見てきた。
からの、この楽しげな盆踊りをしている図・・・やはり違和感というか、別世界ですよね、これは。
「キャラクター」を浸透させるという、広告のちからをズバッと目の当たりにして
原作のマンガをバキバキっとダイレクトに壊して別のものを再構築するのはすごいなあ~と。

そして絵画って何なんだろう?ここまで物語と世界を切り離せたかしら?
ギャラリーに残った作品をひっそり見ていると、なんだか幽霊みたいだと感じます。

すべちょ展には、おばけがいました。
記録化したって、きっと参加していた一人一人とのズレは出たのでしょうが
残っているのは自分の記憶と作品だけ。
作品に込められた念のようなもの。それもまたおばけのようにたゆたっています。

いや私、ギャラリーを始める前くらいから、
個人的にいわゆる平面の絵画にあまり心惹かれない時期に入っていて
ずーーっと考えているのですが、、、
一瞬で伝わる絵や写真や彫刻と
一定の時間をかけて伝える映像と
その両方滞在することで得るインスタレーション。
それらの違いと、いかに伝え残していくかに思いを馳せながら企画をしています。
でもどれも人の心に届く度合いには関係なかったけど。
大意でも、表面化されない細部でも、非常に思いを込めている所はちゃんと伝わるし。
鑑賞時間と伝わる速度は関係ない。そしてAI KOKOはいつもどっちも長めだと思う。。
とはいえ、見て欲しい人にはちゃんと見てもらっている気がします!
まあ選んでるんで、見てもらう人。(偉そうだけど)

作品は、形に残っても、それが説明にはならない。
説明がないから想像するし幽霊も生まれる。記録が残らないってのは永遠だなと。

すべちょ展では、量産されたものを刷新して、1点に集約する事を試みましたが、
「キャラクター」は新たな媒体で量産されることで、また異なったストーリーが生まれるんだよなあ。
キャラクターってさらに不思議な領域です。いち弱小ギャラリー人の自分には、未踏の地すぎる!不思議!

これがまたプロジェクトごとに、グッズ化されたりすると完全に分離されていくのでしょうね。
でもって最終的に一番遠いとこに居るのが原作のマンガになってしまうかもだし、
それは世間に広まらず、「たった一人の誰か」にもらわれていった絵画の方なのかもしれない。
すべちょの世界を粘り強く描き続けていったら、10年後20年後にはどうなっているのかしら?
キャラクター商法で西島さんまるっと大儲けの未来・・・あるかもしれません。

まー展覧会中は「今」で精一杯だったのが、「未来」に思いを馳せる余裕が出てきたな、最近。
ということでした。やっとね。

そろそろ次のステージに向かうためにも、
諸々反省点、課題、至らなかった多くの点も省みていってるところです。
ううう、これも糧にしていくないと。。。
すべちょ展で、本当に多くの新しいことを、一番体験させてもらったのは私です。
うまく咀嚼して次の展覧会に挑みたいなと思います。
まだ時間かかりそうですけど。
今年中には・・・出来ないだろうなあ~ ん~、出来るかなあ~
まだまだノープランです。
そのうち焦ってきたら考えます。

ま、それより前に、すべちょ展2、だよね。。
どんな展覧会になるかは・・・・まだ、わかりませんw

西島さん詰めるときは早いので、こちらはお楽しみにしておいてくださいませ♬
たぶん近日中に日程は発表できる、はず!です♬

ではではこのへんで。

蚊に食われてかゆいなー。

ではでは。

チャオ!



スポンサーサイト
  1. 2013/07/17(水) 23:12:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AI KOKO 2周年になりました | ホーム | すべちょ展はシーズンⅡへ行くのだ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aikokogallery.blog24.fc2.com/tb.php/36-79f7af28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。